初めての方へFOR BEGINNER

当院では、院長の20年にわたる不妊診療の経験に基づき、漢方治療から高度生殖補助医療まで幅広い治療法を行っております。高度生殖補助医療においては、一つの治療法に固執することなく、完全自然周期法から高刺激法まで、患者様のご要望を聞いたうえで最適な治療法をご提案することが可能です。

持ち物

不妊治療の方

[必須]健康保険証

問診票

[必須]写真付身分証明

検査結果

紹介状

基礎体温表

  • 初診の金額は、10,000円~30,000円を目処にお考え下さい。
    来院回数を増やし、検査を分ければ1回の金額を抑えることが可能ですが、初診で必要検査を受ける事をお勧めしております。詳しくはご相談ください。
  • 持病のある方は病状によって、診療を行えない事がございます。現在の病状と妊娠可能と判断した旨記載のある診断書、または診療情報提供書をお持ちいただけるとスムーズです。初診時に持参されない場合、書類提出まで検査や治療が行えないことがございます。

不妊ドック、婦人科で受診される方

健康保険証のみお持ちいただければ診療可能です。紹介状をお持ちの方はご持参ください。問診票は、ご来院時にご記入をお願いいたします。

お子様連れでの受診を希望される方へ

お子様連れで再診予約が取れる時間帯は、(月)~(金)10:00~11:00のみとなっております。
不妊初診につきましては、診療に時間がかかりますので、お子様の同伴をお断りしております。再診時にお子様連れを希望される方は、初診時に説明をお受けいただき、同意書の提出をお願いしております。また、クリニックの取り組みのページ“お子様連れの方へ”を必ずご一読ください。

診療の流れ

どのステップから開始するかは、患者様ごとに決定しております
注射・採血のみの方は予約不要です。直接ご来院ください。

01. スクリーニング検査

方針を決定するうえで重要ですので、当院指定の項目をお受けいただきます(紹介状や検査結果のある方は、この限りではありません)

02. タイミング指導

月経が不順で排卵日が分かりづらい方でスクリーニングに異常が無い方は、タイミング法から開始いたします。月経不順が無い方でも不妊期間が短くスクリーニング検査に異常が無ければ、タイミング法からスタートが可能です。

03. 人工授精

ヒューナーテストが不良な方や、精液検査の所見が今一つの方には人工授精からのスタートをお勧めいたします。

04. 高度生殖補助医療

卵管が通っていない方や極度に精子の数が少ない方、精子に対する抗体をお持ちの方は体外受精が必要です。その他、スクリーニング検査には異常が無いのに一定期間妊娠されていない方は、卵管のピックアップ障害が疑われますので、体外受精をお勧めします。

診療の予約方法

03-6908-7740

ネット予約

page topへ