クリニックのご案内CLINIC GUIDANCE

当クリニックでは、漢方治療から最先端の高度生殖補助医療まで幅広い治療を行っており、それぞれの患者様に最適な治療法を提供することが可能です。

院長よりご挨拶

院長写真

”いずれ”と思っている方も相談できるクリニックを作りたい。

女性の社会進出、晩婚化、晩産化が話題になって久しいですが、1億総活躍社会が掲げられる中、活躍の機会が増え益々女性は多忙になると思われます。

 

仕事・家事・育児・介護・・・、ここに不妊治療を入れるのは本当に大変な事ですが、残念ながら妊娠にはタイムリミットがあります。

しかし早いうちに自分の体の事を知れば、その後のライフワークバランスを考える時に、少しずつ人生設計の修正が出来るかもしれません。

そこで、「今妊娠せずに悩んでいる方はもちろん、いずれ妊娠したいと思っている方も相談できるクリニックを作りたい」、そんな思いで今回桜の芽クリニックを開院することにいたしました。

私は大学病院で10年、産科を兼ね備えたクリニックの生殖医療科で10年、 計20年不妊治療に関わってまいりました。不妊治療に関する専門性を追求する傍ら、産科の医療を知ることが不妊治療を行う上で非常に重要であると考え、産科診療から完全に離れることが無いよう務めてまいりました。その経験を生かし、皆様のお役に立てるよう診療にあたりたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

医学博士 西(田中)弥生

院長の理念

私が考える“いずれ妊娠したい”と思っている方へ、2つの大切な事

 

第1に、
実際に妊娠を考える前から、定期的に婦人科でチェックを受け自分の体について把握する事

例えば、自分が子宮内膜症であると早いうちに分かれば、妊娠を考える時期まで内科的治療を行い、進行を抑えることができます。受診は20代からでも早すぎることはありません。

 

第2に、
私って妊娠しにくいの?と思ったら、1年待たずにすぐ相談する事

妊娠を希望しているのに1年たっても妊娠しない状態“が不妊症と定義されていますが、30代後半、特に40代の方にとって1年の違いは大きいです。不妊治療は結果の医療、受診に早すぎるはありません。妊娠を意識してから、遅くても半年を目処に相談することをお勧めします。早めに受診すれば、もう少し自然に任せていても良いのか、積極的に治療を進めるべきか相談でき、治療法も自然に近い方法でのスタートから体外受精スタートまで、幅広く選べる可能性があります。年齢や卵巣機能が気になる方は、妊娠を意識した段階での受診をお勧めします。

院長経歴

  • 1997年 日本医科大学卒業 
    日本医科大学産婦人科学教室入局 
  • 2004年医学博士取得
  • 2006年 杉山産婦人科勤務 
  • 2017年 桜の芽クリニック開設

所属学会

  • 日本産科婦人科学会 
  • 日本生殖医学会 
  • 日本受精着床学会 
  • 日本産婦人科内視鏡学会 
  • 日本東洋医学会 
  • 日本女性医学学会

資格

  • 日本産科婦人科学会 産婦人科専門医 
  • 日本生殖医学会 生殖医療専門医

診療内容

一般不妊治療

不妊検査
  • ホルモン検査
  • 超音波検査
  • 通水検査
  • ヒューナーテスト
  • 精液検査
  • 子宮鏡検査
  • クラミジア検査など
不妊治療
  • タイミング指導
  • 人工授精
  • 漢方治療

一般不妊治療の費用

高度生殖補助医療

  • 体外受精-胚移植法
  • 顕微授精
  • 胚凍結
  • 融解胚移植
  • 卵子凍結
  • 精子凍結
  • アシステッドハッチング
  • SEET法 
  • 2段階移植法 
  • 着床不全検査など

高度生殖補助医療費

不妊ドック

  • 超音波検査
  • ホルモン検査
  • 感染症検査
  • AMH検査など

不妊ドックの費用

婦人科

  • 子宮がん検診
  • 月経に関する相談(月経痛、月経移動など)

※緊急避妊の相談、性病検査につきましては、承っておりません。

婦人科の費用

診療受付時間

日・祝
8:00~15:00 8:00~13:00 8:00~15:00 8:00~13:00 8:00~13:00 8:00~13:30 当院から指定した方の処置のみ
17:00~19:00 17:00~19:00

※12:00~13:00も休まず、診療しております。

診療時間は変更となることがございますので、“お知らせ”もご覧ください。

㈪~㈮ 平日10:00~11:00は、お子様連れで予約が取れる時間となっております。

03-6908-7740

ネット予約

page topへ